お知らせ

花卉事業

久しぶりに投稿いたします。権現堂桜堤保存会では、5月21日(日)にボランティア活動としまして、次の作業をいたしました。写真上から4枚は、菜の花畑に石灰をまきまして土壌改良を実施しました。これによりまして、菜の花の咲き具合のまだら模様を解消しようと思います。つぎの4枚は、毎年恒例の、かぼちゃの苗植えです。菜の花の連作障害をさけるため場所を変えて実施しています。

下の7枚の写真は、サツマイモの苗植え風景です。気温30度になろうという本日、暑さにも負けず会員の皆様が汗を流しながら作業を実施しました。桜だけでなく年中、堤の手入れをしております。

いよいよ6月1日(木)から『第17回幸手あじさいまつり』が開催されます。100種類、16,000株のあじさいが色とりどり咲き乱れるさまは、見事としか言いようがありません。ぜひご覧になりに来てください。桜まつりと違いまして、駐車料金は無料です。チンドンパフォーマンスは6月17日(土)お昼頃実施されます。

さくらの開花情報

さくらは、ほぼ満開です。

『第87回幸手桜まつり』は4月10日(月)まで1日延長されました。

お知らせ

権現堂公園内の、巡礼樋管には、今年も幸手市の「燎原短歌の会」と「若草俳句会」の会員の皆様から寄せられました、短歌と俳句を展示してあります。

お知らせ

『桜の開花宣言発表』

本日、午前10時に幸手市観光協会は、桜の開花宣言を発表いたしました。

協力団体のクリーン作戦

本日は、コスモ石油様が実施されました、権現堂公園とその周辺のクリーン作戦の様子をお伝えいたします。

権現堂公園の北側にある中川の河川敷にあるごみがありました。毎年2回クリーン作戦を実施していただいています。

山羊とサミットさくらの様子です

権現堂公園のやぎは「やくしまやぎ」で7頭います。

サミット広場の「さくら」の中で花が咲いている桜を紹介しています。濃い赤い色の桜は新潟県新発田市の「カンヒザクラ」です。

まだ咲きはじまったばかりの桜は長野県伊那市「タカトウコヒガンザクラ」です。

サミット広場では、2000年に植樹した、全国20か所の市町村からの桜が見られます。

桜まつりに備えて

3月26日から始まる「第87回幸手桜まつり」に備えまして、桜堤から思い出広場に向かっての階段の修繕をいたしました。足場の土が少なくなって歩きにくいので、コンクリート板を敷いて少しでも歩きやすくしようとしています。

クリーン作戦

本日は、桜堤保存会が発足当時から継続して実施しています月に1回のクリーン作戦・ロードサポートの日です。

43名参加し、ゴミ拾いが早く終わりましたので、水仙の移植作業も行いました。ゴミ拾いは、公園職員が毎日実施していますので、少ないです。

埼玉県から平成25年1月に、ロードサポート団体に認定されており、実施場所は、下吉羽幸手線の一部で、毎月実施しています。

お知らせ

権現堂4号公園のお知らせです。園内の丸池付近にロウバイを30本植えてあります。まだ、若木ですので花の数が少ないですが、きれいに咲いているのもありますので、さがしてみてはどうでしょうか。

菜の花の咲き具合ですが、ちらほら黄色い花が見えるようになりました。これが、桜の花のピンクとコラボレーションが素晴らしいと多くの方が言われますので3月下旬からから4月上旬かけて見事になりますので楽しみにお待ちください。

また、2000年桜サミットの時に植えました、新潟県新発田市のカンヒザクラが赤見を帯びてきました。

河津桜は5~6分咲きというところでしょうか。河津桜を見に来られる方が増えてきました。

ソメイヨシノの開花情報の問い合わせも来ております。現在の状況からの予想では、例年通り3月下旬から4月上旬というところです。

お知らせ

水仙まつりの期間延長について

『第8回水仙まつり』は水仙の開花状況見まして、2月12日(日)まで延長することにいたしました。水仙の見ごろは長いので、雪の影響がなければ当分の間、見られると思います。